"Meow!"

Everyday English New Course 2 (Heisei 2) pg. 34-37

Once there was a mother mouse with many baby mice. She often said to her baby mice, "The world is very dangerous. Many animals don't like us. You must be very careful."
One fine day the mother mouse said to her baby mice, "Let's go for a walk. But you must always stay with me."

The mother mouse and her baby mice went for a walk. Suddenly a big black cat ran up to them. The big black cat looked down at the little mother mouse and said, "Meow!!!" She looked up at the big black cat and cried, "Bowwow!!!"
The cat ran away. Then the mother mouse turned to all her baby mice and said, "You see? You must study a foreign language. It's very useful."

Mrs. Miyao, a Japanese-American woman, arrived in London after a long plane ride. Then she took a bus to a hotel in the city. The streets were busy and it took a long time. At last she got to the hotel. She was very tired by then. She was in a black coat, and she had long black hair. She looked just like a black cat.

The clerk said, "Good afternoon. May I have your name, please?"
Mrs. Miyao answered "Miyao." The clerk didn't catch the name. He said, "I beg your pardon? Please say your name once more."
She said her name again slowly in a loud voice, "MI-YA-O!!!"
The clerk thought, "This must be a joke." He looked at her and cried, "Bowwow!"

Translation

The following is an unofficial translation.

昔,お母さんねずみがたくさんの赤ちゃんねずみと暮らしていました。彼女は,よく赤ちゃんねずみに言いました。「いいかい,この世はとっても危険なんだよ。わたしたちをきらいな動物がたくさんいるからね。だから,とても気を付けなくちゃいけないの。」
ある晴れた日,お母さんねずみが赤ちゃんねずみに言いました。「さぁ,散歩に行きましょう。でも,わたしから絶対に離れちゃだめよ。」

お母さんねずみと赤ちゃんねずみは散歩に行きました。突然,大きな黒猫が走ってきました。その大きな黒猫は小さなお母さんねずみを見下ろして「ミャオ!」と唸りました。お母さんねずみは,大きな黒猫を見上げて叫びました。「ウー,ワンワン」
その猫は逃げていきました。お母さんねずみは赤ちゃんねずみのほうを振り返って言いました。「みんな,わかった?外国語を学ばなければいけないよ。とっても役に立つでしょ!」

宮尾(みやお)さんは,日系アメリカ人の女性です。飛行機に長時間乗って,ロンドンに着きました。それからバスに乗ってホテルに向かいました。しかし,道がすごく混んでいて長い時間かかり,ようやくホテルに着いたときには,彼女はすでに疲れ切っていました。宮尾さんは黒いコートに長い黒髪で,まさに黒猫のようでした。

ホテルの人が「こんにちは,お名前を教えていただけますか。」と言いました。
宮尾さんは「みやお」と答えましたが,ホテルの人は聞き取ることができず,「すみません。もう一度言っていただけますか。」とお願いしたところ,彼女は,ゆっくりと大きな声で「み・や・お」と答えました。
ホテルの人は考えました。「これは冗談に違いない。」彼は彼女を見て大きな声で返しました。「ワンワン!」

See also