A Mother's Lullaby

New Horizon Book 3 (Heisei 24) pg. 38-41

A big, old tree stands by a road near the city of Hiroshima. Through the years, it has seen many things.
One summer night the tree heard a lullaby. A mother was singing to her little girl under the tree. They looked happy, and the song sounded sweet. But the tree remembered something sad.
"Yes, it was some seventy years ago. I heard a lullaby that night, too."

On the morning of that day, a big bomb fell on the city of Hiroshima. Many people lost their lives, and many others were injured. They had burns all over their bodies. I was very sad when I saw those people.
It was a very hot day. Some of the people fell down near me. I said to them, "Come and rest in my shade. You'll be all right soon."

Night came. Some people were already dead. I heard a weak voice. It was a lullaby. A young girl was singing to a little boy.
"Mommy! Mommy!" the boy cried.
"Don't cry," the girl said. "Mommy is here." Then she began to sing again.
She was very weak, but she tried to be a mother to the poor little boy. She held him in her arms like a real mother.

"Mommy," the boy was still crying.
"Be a good boy," said the girl. "You'll be all right." She held the boy more tightly and began to sing again.
After a while the boy stopped crying and quietly died. But the little mother did not stop singing. It was a sad lullaby. The girl's voice became weaker and weaker.
Morning came and the sun rose, but the girl never moved again.

Official translation

Taken from the New Horizon's teachers manual.

かあさんのうた
1本の大きな古い木が、広島市に近い、ある道路のそばに立っています。これまでの何年もの間、その木はたくさんのことを見てきました。
ある夏の夜のこと、その木は子守歌を耳にしました。1人の母親が木の下で、小さな女の子に歌ってあげていたのです。母と子は幸せそうでした。そして歌 は美しく響きました。しかし、木は、ある悲しいことを思い出していました。
「そうだ、あれは70年くらいも昔のことだった。あの夜も子守歌を聞いたなあ。」

あの日の朝、大きな爆弾が広島市に落ちたのだった。多くの人々が命を落とし、多くの人々が傷を負った。その人たちは体中やけどをしていた。そういう人たちを見て、とても悲しかった。
とても暑い日だった。私のそばで倒れてしまった人もいた。私は声をかけてあげた。「私の陰に入って休みなさい。すぐに元気になるから。」

夜になった。もう死んでしまった人たちもいた。かすかな声が聞こえた。それは子守歌だった。少女が小さな男の子に歌っていたのだ。
「お母ちゃん! お母ちゃん!」と男の子は泣いていた。
「泣くのはおよし。お母ちゃんはここにいるからね。」と少女は言った。それからまた歌い始めたのだった。
少女はとても体が弱っていた。でもかわいそうな男の子の母親になろうと努めていた。本当の母親のように、男の子を腕のなかに抱きしめていた。

「お母ちゃん。」と男の子はまだ泣いていた。
「いい子だね。」と少女は言った。「大丈夫よ。」少女はいっそう強く抱きしめて、また歌い始めた。
しばらくすると、男の子は泣きやんで、静かに死んでいった。それでも少女は歌うのをやめなかった。それは悲しい子守歌だった。少女の声はだんだんと小さくなっていった。
朝が来て、太陽が昇った。でも、少女は二度と動かなかった。

Note

The only difference between the Heisei 19 and Heisei 24 versions of this story is on the first page where "sixty" is replaced with "seventy".

See also