Hi, friends! 2 - Lesson 6:Hour 5

Lesson goals: Be aware of time differences and want to tell others about your daily life.
Preparation: Worksheet ⑦ (Introduce your daily life), digital materials, (reflection cards)

Children's activity Teacher's activity Preparation
  • Say hello.
  • Greet the whole class, and then greet a few students individually.
Let's Chant "What time do you get up?" p.24
  • Chant while listening to the music.
  • Play the music and chant together.
  • When they get used to it, change the actions and times.
Digital materials
Activity 2 p. 25
  • Fill in your daily schedule.
  • In the empty space, choose one other action (get up, go to school etc.), draw the action and write the time.
  • In pairs or groups, ask each other what time we wake up, go to school and go to bed. Tell each other what you filled in for the blank.
  • If the English for their chosen action is difficult, get them to say it in Japanese.
  • Get them to write the times of their activities in a foreign cities timezone. Try to get them familiar with the idea of different timezones.
Connect your daily life with other countries
  • Draw or write two more actions in the empty spaces on the worksheet.
  • Write down the times of all the actions.
  • In the space at the top (日本の()) write down where you live.
  • Choose a country and city from p. 24, 25 and write it in the empty space on the right hand side (~ ( )). Write down what time it will be in that city for each of your actions.
  • In groups, introduce your schedules to each other. Volunteers from each group will present theirs to the class.
  • If the English for their chosen actions is difficult, get them to say it in Japanese.
  • If possible, cover the country and city names and get the class to guess what place it is.
Worksheet ⑦ (Introduce your daily life)
  • Reflect back on todays class. Fill out the reflection card.
  • Say goodbye.
  • Praise children about their attitude and use of English.
  • Say goodbye.
Reflection card.

Original

Taken from the version released on March 29, 2012.

目標: 時差があることに気付くとともに,相手に伝わるように工夫して自分の生活を紹介しようとする。
準備: ワークシート⑦(一日の生活紹介シート),デジタル教材,(振り返りカード)

児童の活動 指導者の活動 準備物
  • 挨拶をする。
  • 全体に挨拶をし,個別に数名の児童に挨拶を

する。

【Let's Chant】 "What time do you get up?" p.24
  • 音声教材を聞きながら言う。
  • 音声を聞かせながら一緒に言う。
  • 慣れてきたら動作や時刻を替えて言ってみる。
デジタル教材
【Activity 2】 p. 25
  • 誌面の日課表に自分の生活時刻を書き込む。
  • 空欄には,get up と,go to school,go to bed のほかに,お気に入りの日課を1つ,文字や絵でかき込む。
  • ペアなどになって起床,登校,就寝の日寺刻を尋ね合い,お気に入りの日課と時刻を教え合う。
  • ペアを替えたり,グループで聞き合ったりするなど,実態に応じた形態で行う。
  • 「お気に入りの日課」は英語で表現することが難しい場合は,日本語で紹介させる。
  • 自分の日課の時刻に合わせて海外都市の時刻を書かせることで,時差を身近に感じさせるようにする。
    ※評価②
〇「自分の1日と外国の時刻をつなげよう。」
  • ワークシートに,起床と就寝のほかに2つ,お気に入りの日課や,自分で選んだ日課を空欄に絵や文字でかく。
  • 日課について時刻をすベて書く。
  • 「日本の()」には,自分たちの住んでいるところの地名を書く。
  • 誌面p. 24, 25の見開き世界地図を参考にして,自分が選んだ海外の国名と都市名を,ワークシート「~ ( )」 に書き,その地の時刻も書いて自分の日課とリンクさせる。
  • 生活表を見せながら,グループの中で自分の1日について紹介し,グループの代表が,前で発表する。
  • 「お気に入りの日課」は英語で言うことが難しい場合は,日本語で紹介させる。
  • 可能なら,海外の地名を隠して時差からどこかを推測して当てさせる。
    ※評価①②
ワークシート⑦ (一日の生活紹介シート)
  • 本時の活動をふり返る。振り返りカードに記入する。
  • 挨拶をする。
  • 児童の英語を使おうとする態度などでよかったところをほめる。
  • 挨拶をする。
振り返りカード

評価規準

  • ①世界には時差があることや,世界はつながっていることに気付いている。【気】<行動観察・振り返りカード分析>
  • ②相手に伝わるように工夫して自分の1日を紹介している。【コ】<行動観察・振り返りカード点検>

See also


Lesson 1 Lesson 2 Lesson 3 Lesson 4 Lesson 5 Lesson 6 Lesson 7 Lesson 8 Lesson 9
Book 1

1 2

1 2

1 2 3 4

1 2 3 4 5

1 2 3 4

1 2 3 4 5

1 2 3 4

1 2 3 4 5

1 2 3 4

Book 2

1 2 3 4

1 2 3 4

1 2 3 4

1 2 3 4

1 2 3 4

1 2 3 4 5

1 2 3 4-5 6

1 2 3 4

-