Personal tools

Hi, friends! 2 - Lesson 8:Hour 2

From Akita Wiki

Jump to: navigation, search

Lesson goals: Learn the words for various occupations. Observe the similarities between Japanese and English.
Preparation: Picture cards (flags, chant), digital materials, (reflection cards), cards from the back of the book (occupations)

Children's activity Teacher's activity Preparation
  • Say hello.
  • Greet the whole class, and then greet a few students individually.
Card game

Explanation in Hi, friends! 2 Teachers handbook p.31

  • Play the game in groups using two sets of cards.
  • Get each group to use 2 sets of cards and arrange them so that everyone can reach them.
  • Say the occupations in any order.
Picture cards (occupations)
Cards from the back of the book (occupations)
Digital materials
Lucky card game

Explanation in Hi, friends! 2 Teachers handbook p.31

  • Play the game in groups using the phrase "What card do you want? ~, please."
  • Show the students how to play by doing a demonstration with volunteers.
  • When the games have finished, tell everyone what the lucky card was.
  • Repeat as needed.
Teachers cards (occupations)
Cards from the back of the book (occupations)
Digital materials
Let's Listen p.38
  • Listen to the audio and find out what each persons dream is.
  • Explain that in the picture, Tanaka-sensei and the kids are interviewing each other about their dreams during English class.
  • Ask what the students heard from the 4 in the audio. Ask if any of the students are interested in the things they heard.
Picture cards (flags)
Digital materials
Let's Chant "What do you want to be?" p.40
  • Listen to the audio and chant while looking at the cards.
  • Change the occupations.
  • Chant together while showing the cards.
  • Change the occupations.
Picture cards (occupations)
Digital materials
Missing game

Explanation in Hi, friends! 2 Teachers handbook p. 17

  • Say the words that are missing.
  • Learn about the endings of the Japanese words (家, 士, 者 etc.)
  • Stick 6-8 cards on the board and take away one when everyone has their eyes closed.
  • When the game is finished, revise the pronunciation and separate the words based on the ending (singer, fire fighter, farmer and artist, dentist, florist etc.)
  • Ask the students what is different about each group and bring their attention to the "er"/"ist" ending. Explain that many occupations end like this. Ask them about Japanese words and discuss the meanings of 家, 士, 者 etc.
Picture cards (occupations)
Digital materials
  • Reflect back on todays class. Fill out the reflection card.
  • Say goodbye.
  • Praise children about their attitude and use of English.
  • Say goodbye.
Reflection card.

Original

Taken from the version released on March 29, 2012.

目標: 様々な職業の言い方に慣れ親しみ,職業を表す語について英語と日本語の共通点に気付く。
準備: 教師用絵カード(国旗・チヤンツ用),デジタル教材,(振り返りカード),巻末児麵絵カード(職業)

児童の活動 指導者の活動 準備物
  • 挨拶をする。
  • 全体に挨拶をし,個別に数名の児童に挨拶をする。
〇カード取りゲームをする。
(指導編 Hi, friends! 2 p.31参照)
  • グループで,巻末児童用絵カード2組を用意してゲームをする。
  • 各ダ/ループ,巻末児童用絵カード2組で行わせ,2人の児童がカードを取れるようにする。
  • 職業を言う。
教師用絵カード(職業)
巻末児童用絵カード(職業)
デジタル教材
〇ラッキーカードゲームをする。
(指導編 Hi, friends! 2 p. 31参照)
  • グノループで,What card do you want? ~, please. の表現を使って行う。
  • 代表児童とデモンストレーシヨンをして,やり方を示す。
  • ゲーム糸冬了時に,あらかじめラッキーカードとして決めておいた職業を発表する。
  • 何度か染り返して行う。
    ※評価①
教師用絵カード(職業)
巻末児童用絵カード(職業)
デジタル教材
【Let's Listen】 p.38
  • 音声教材を聞いて,誌面の子どもたちの将来の夢を聞き取る。
  • 誌面は,田中先生や子どもたちが外国語活動の時間に,将来の夢についてインタビューしている場面であることを伝え,音声教材を聞かせる。
  • ともえたちの4将来の夢について聞き取ったことを尋ねる。ともえたちの夢をとらえて,児童にもそれらの職業に就きたいか噚ねる。
    ※評価①
教師用絵カード(国旗)
デジタル教材
【Let's Chant】 "What do you want to be?" p.40
  • 音声教材を聞いて,教師用絵カードを見ながら言う。
  • 別の職業に替えて言う。
  • 教師用絵カードを見せながら,一緒に言う。
  • 別の職業に替えて,一緒に言う。
教師用絵カード(職業)
デジタル教材
〇ミッシングゲームをする。
(指導編 Hi,friends! 2 p.17参照)
  • なくなったカードの職業を言う。
  • 日本語の職業を表す語の語尾について考え,「家」「士」「者」などがつくことを発表する。
  • 教師用絵カード6~8枚を黒板に貼り,ゲームを行う。
  • ゲームが終わったら,黒板の絵カードの職業の言い方を児童と再度確認しながら,黒板の右と左に絵カードを分けて貼る。左側にsinger,fire fighter,farmer,zoo keeper など,右側に artist, dentist, floristを貼る。
  • 児童に,左側と右側の職業の語の特色を尋ね,それぞれ語尾が[ər],[ist]であることに気付かせる。英語の職業の語尾が,これらで終わることが多いことから,日本語の職業の語尾についても考えさせ,「家」「士」「者」などがつくことが多いことに気付かせる。これらの活動を通して,日本語と英語の言葉の成り立ちの共通点に気付かせる。
    ※評価②
教師用絵カード(職業)
デジタル教材
  • 本時の活動をふり返る。振り返りカードに記入する。
  • 挨拶をする。
  • 児童の英語を使おうとする態度などでよかったところをほめる。
  • 挨拶をする。
振り返りカード

評価規準

  • ①職業を表す語を聞いたり言ったりしている。【慣】<行動観察・振り返りカード点検>
  • ②職業を表す語について英語と日本語の共通点に気付いている。【気】<行動観察・振り返りカード分析>

See also


Lesson 1 Lesson 2 Lesson 3 Lesson 4 Lesson 5 Lesson 6 Lesson 7 Lesson 8 Lesson 9
Book 1

1 2

1 2

1 2 3 4

1 2 3 4 5

1 2 3 4

1 2 3 4 5

1 2 3 4

1 2 3 4 5

1 2 3 4

Book 2

1 2 3 4

1 2 3 4

1 2 3 4

1 2 3 4

1 2 3 4

1 2 3 4 5

1 2 3 4-5 6

1 2 3 4

-