October Sky

Total English 3 (Heisei 17) pg. 76-81

On October 4, 1957, a lot of people in the world were looking up into the sky. They wanted to see Sputnik. Homer Hickam was looking up, too. When Sputnik appeared, he was amazed and looked up into the sky for a long time. He never forgot that day.
Homer was an ordinary high school student. Most students in Coalwood would work in the mine after graduation. But he did not know what he wanted to do in the future―until he saw Sputnik.
The next morning, Homer said to his family, "I'm going to build a rocket!" His mother said, "Don't blow yourself up." His father said nothing.

Homer built his first rocket and told his friends, "Today I'm going to launch a rocket." Homer's rocket looked like a toy, but he was serious. His friends became interested and joined Homer.
The boys counted down, "3, 2, 1...0!" The rocket didn't fly but blew up a fence. His mother got very angry.
Homer's science teacher, Miss, Riley, was the only person that really understood his dream. She gave him a science book about rockets. Homer was so glad and said, "It's the best present I've ever received."

Homer and his friends built another rocket. It only flew a few meters. But the boys kept building and launching more rockets. After a while, people in Coalwood called Homer and his friends "The Rocket Boys".
Miss Riley told the Rocket Boys, "Enter the science fair. If you win, you'll get a scholarship for university." They were excited and tried hard to build a great rocket. But Homer's father did not want Homer to do that. His father was a leader respected by many miners. He wanted Homer to work in the mine in the future.

One day, Homer's father was hurt in the mine and couldn't work. Homer decided to work in the mine because the family needed money. The work was so hard he couldn't go to school or join the Rocket Boys.
After a few months, Homer's father became well. But Homer kept working in the mine for his father.
Some time later, Homer got news that Miss Riley was very sick. He visited her. "Is there anything I can do, Miss. Riley?" She answered, "Yes, Homer. Don't give up on your dream. Just follow your heart."
After that, Homer went back to school. The Rocket Boys began studying day and night. At last, they built a great rocket.

The Rocket Boys entered the National Science Fair. All the best science students in the U.S. met there. Homer wasn't sure the Rocket Boys could win. But they received the gold medal. The Rocket Boys won!
One fine day after the fair, many people in Coalwood came to see a launch by the Rocket Boys. The rocket was named "Miss Riley".
Just before the rocket was launched, Homer's father came to watch for the first time. Homer said to his father, "Here's the button to launch the rocket. Will you push it?" His father nodded.
The rocket flew very high in to the blue sky.

Translation

The following is an unofficial translation.

1957年10月4日 世界中の大勢の人々が空を見上げていた。彼らはスプートニクを見たいと思った。ホーマー・ヒッカムも見上げていた。スプートニクが現れたとき、彼は驚き、長いこと、空を見上げていた。彼はその日を決して忘れない。
ホーマーは普通の高校生であった。コールウッドの殆どの学生は、卒業後、鉱山で働いた。しかし、彼は将来、(自分は)何をしたいのかという事を、知らなかった--スプートニクを見るまでは。
次の日の朝、ホーマーは彼の家族に話した。「僕はロケットを造りたい」母に云った。「自爆しないでね」父は何も云わなかった。

ホーマーは最初のロケットを造り、(そのことを)友人たちに話した。「今日、僕ね、ロケットを打ち上げるよ」。ホーマーのロケットはオモチャみたいだったが、彼は真剣だった。彼の友人たちは関心を持ち、ホーマーに加わった。
少年達は秒読みをした。 “3,2,1...0!” ロケットは飛ばず、フェンスを壊した。彼の母は激しく怒った。
ホーマーの科学の先生、ライリー先生が、唯一、彼の夢を心から理解する人であった。彼女はロケットについての科学の本を彼に与えた。ホーマーはたいへん喜んで、云った。「僕が今まで貰ったプレセントの中で、一番素晴らしい。」

ホーマーと友人たちは、他のロケットを造った。それは、僅か、数メートル飛んだだけだった。しかし、少年達は更にロケットを造り、飛ばし続けた。暫くして、コールウッドの人々はホーマーと彼の友人達を“ロケット・ボーイ”と呼んだ。
ライリー先生はロケット少年たちに云った。「科学博覧会に出しなさい。もし、入賞すれば、あなた方は大学の奨学金をもら えるわ」。彼らは奮起して、熱心に、大きなロケットを造ろうとした。しかし、ホーマーの父は、ホーマーがそうすることを望まなかった。彼の父は大勢の鉱山労働者から尊敬された指導者であった。彼は、将来、ホーマーが鉱山で働くように希望した。

ある日、ホーマーの父は鉱山で負傷し働けなくなった。彼の家族は金が必要だったため、ホーマーは鉱山で働く決心をした。仕事は大変で彼は学校へ行く事もロケット・ボーイズに参加する事も出来なかった。
数ヵ月後、ホーマーの父は回復したが、ホーマーは父のために鉱山で働き続けた。それから後、ホーマーはライリーさんが重い病気であるという知らせを受けた。彼は彼女を訪ねた。「何か僕に出来ることはありますか、ライリーさん?」彼女は「ええ、ホーマー。夢を諦めないで。心の思うままに進みなさい」と答えた。
その後、ホーマーは学校へ戻った。ロケット・ボーイズは日夜研究に励んだ。そしてついに、彼らは素晴らしいロケットを作り上げたのだ。

ロケットボーイズは“ナショナルサイエンスフェア”に参加登録した。アメリカ中の優秀な科学専攻学生がフェアに集まった。ホーマーは、ロケットボーイズがフェアで優勝できるか確信がなかった。でも、ゴールドメダルを獲得した。ロケットボーイズが優勝した!
フェア終了後のある晴れた日、コールウッドの多くの人々は、ロケットボーイズのロケット打ち上げを見に来た。そのロケットの名は、“ミス・リリー”
ロケットが打ち上げられる直前、今回が初めての見物となるホーマーの父親がちょうど見にやってきた。ホーマーは父親に言った。「これが打ち上げ発射ボタンだよ。押してみる?」父親はうなずいた。
そしてロケットは、青い空高く飛んで行った。

  1. Source 1 (1st 3 paragraphs)15:20, 5 August 2019 (JST)
  2. Source 2 (4th paragraph)15:28, 5 August 2019 (JST)
  3. Source 3 (5th paragraph) 15:28, 5 August 2019 (JST)

See also