Roy Brown - Boy Detective

New Horizon Book 3 (Heisei 24) pg. 78-81

Roy and Tyrone were classmates in junior high school. One day, Tyrone came to Roy's house. He had an arrow in his hand.
He said, "Someone shot this at me. It almost hit me! But look! Isn't this strange? A diamond was tied to it. Maybe it's a present. Or, do you think someone tried to kill me?"
Roy answered, "That's a dangerous arrow. I'll check it out."

Roy's father, the head of the police, noticed Roy and spoke to him. "It's good to see you here, son. Mr. Crane was attacked by a robber with a mask. Mr. Crane had a big, beautiful diamond. He thought that the robber wanted it. So he tied the diamond to an arrow and shot it as far as he could. The robber got angry, and hit Mr. Crane. Now, Mr. Crane is in the hospital, and the robber is at large."

"Mr. Crane thinks Mr. Holt did it. Mr. Holt is the jeweler who has always wanted the diamond. We have called Mr. Holt. He'll arrive soon. But the diamond is gone."
"No, it isn't. It's right here." Roy showed his father the diamond, and told him about Tyron. "I know how to find out who did it." Roy told his father about his plan. Roy's father listened and nodded with a smile.

Mr. Holt: What's going on here? Why did you call me?
Roy's Father: This morning, a man with a mask broke into this house, and Mr. Crane's diamond is gone.
Mr. Holt: Oh, no. I've wanted to buy that diamond for a long time. Please find it.
Roy's Father: Well, maybe you can help us. We're going to start looking for it outside.
Mr. Holt: Yes. If we find the arrow, we'll find the diamond.
Roy's Father: How do you know about the arrow?
You're under arrest!

Translation

The official translation, taken from the New Horizon's teachers manual (Heisei 24).

ロイとタイロンは中学校のクラスメイトでした。ある日、タイロンがロイの家にやってきました。タイロンは手に1本の矢を持っていました。
タイロンは言いました。「だれかがこれをぼくにめがけて放ったんだよ。もう少し当たるところだったんだ! でも見てよ! これは変じゃないかい? ダイアモンドが1つこの矢に結びつけられていたんだ。もしかしてプレゼントかも。それとも、だれかがぼくを殺そうとしたんだと思う?」
ロイは答えました。「そいつは危険な矢だね。調べてみよう。」

警察署長であるロイのお父さんは、ロイを見つけると彼に話しかけました。
「やあ、ここで会えてよかったよ。クレイン氏が覆面をした強盗におそわれたんだ。クレイン氏は大きな、美しいダイアモンドを持っていた。彼は強盗がそれをほしがっていると思った。それでダイアモンドを矢に結びつけて、できるかぎり遠くへ飛ばしたんだ。強盗は怒って、クレイン氏を殴った。いまクレイン氏は入院中で、強盗はつかまっていない。」

「クレイン氏は、ホルト氏が犯人だと思っている。ホルト氏というのは、ずっとそのダイヤモンドをほしがっていた宝石商だ。我々はホルト氏を呼び出した。まもなく彼は到着するだろう。でもダイヤモンドはなくなってしまった。」
「いいや、なくなっていない。ちょうどここにあるよ。」ロイは父親にダイヤモンドを見せて、タイロン氏のことを話しました。「だれがやったのか、こうすればわかるとよ。」ロイは父親に彼の計画を話しました。ロイのお父親は話の聞いて、にっこり笑ってうなずきました。

ホルト氏: いったいここで何が起こっているんだね? どうしてわたしを呼んだんだ。
ロイの父親: 今朝、覆面をした男がこの家に押し入り、クレインさんのダイヤモンドがなくなったのです。
ホルト氏: なんてことだ。わたしは長いことあのダイヤモンドが買いたかったのだ。ぜひさがしてくれ。
ロイの父親: では、ことによるとあなたにも助けてもらうかもしれません。これから外でダイアモンドをさがしはじめます。
ホルト氏: そうだ。矢を見つければ、ダイヤモンドも見つかるぞ。
ロイの父親: なぜ矢のことを知っているんだ?
おまえを逮捕です!

See also