The Big Dipper

New Horizon Book 2 (S59)

The Big Dipper

Long, long ago a little girl lived with her mother near the woods. One summer night the girl's mother was sick. It was a very hot night.
"I can't go to sleep," she said. "I'm very thirsty. I want to drink some water."
"All right, Mother," said the girl.
She went out to the well, but there was no water in it.

"There's no water in the well, Mother," said the little girl. "So I'm going to go to the spring in the woods."
"Are you going to go that far, my dear child?" said her mother.
"Yes, Mother," said the girl.
With an old dipper in her hand she went into the woods. It was very dark, and at first she could not find the spring. But at last she found it, and filled the dipper with water. Then she began to walk home.

The girl walked for some time, and saw a little dog. It was crying.
"Don't cry, little dog," she said. "Have a drink."
The dog drank some water, and went away.
When she began to walk again, it was not as dark as before. Her old dipper was shining like the moon.
Next she saw an old man. He asked for a drink of water.
"This water is for my sick mother," she said, "but please have a drink."
He drank, thanked her, and walked away.

Now her dipper was shining like the sun, and soon she got home.
The girl's mother drank and drank.
"Thank you," she said. "I'm much better. Now I can go to sleep."
Then there was no dipper in the girl's hand.
When they looked around, they saw seven diamonds on the floor.
The diamonds flew quickly out of the window — up, up, up into the sky. There they turned into seven bright stars.
We can still see these stars, the Big Dipper, in the sky.

Official translation

Taken from the New Horizon's teachers manual.

北斗七星

むかし,むかし,ひとりの少女が母親と森の近くに住んでいました。ある夏の夜,少女の母親は病気になりました。とても暑い夜でした。
「眠れないよ。」と母親は言いました。「とてものどがかわいたよ。水が飲みたいんだが。」
「いいわよ,お母さん。」と少女は言いました。
少女は井戸のところへ行きましたが,井戸には水が全くありませんでした。

「井戸に全然水がないの,お母さん。」と少女は言いました。「だから森の中の泉まで行ってくるわ。」
「おまえ,そんなに遠くまで行くのかい。」と母親は言いました。
「そうよ,お母さん。」と少女は言いました。
手に古いひしゃくを持って,少女は森へ入って行きました。真っ暗で,はじめのうちは,少女は泉を見つけることができませんでした。でも,とうとう見つけて,ひしゃくに水をいっぱいくみました。それから家のほうへ歩きはじめました。

少女がしばらく歩くと,小犬が目にとまりました。その犬は泣いていました。
「泣くんじゃないのよ,小犬ちゃん。」と少女は言いました。「水を飲みなさい。」
犬は水を飲むと行ってしまいました。
少女がまた歩きはじめると,以前ほど暗くありませんでした。少女の古いひしゃくが月のように輝いていたのです。
次に,少女はひとりの老人に出会いました。老人は水を1杯求めました。
「この水はわたしの病気の母のためのものです。」と少女は言いました。「でも1杯お飲みください。」
老人は飲んで礼を言って立ち去りました。

今度は少女のひしゃくは太陽のように輝いていました。そしてすぐに彼女は家に着きました。
少女の母親は水をごくごくと飲みました。
「どうもありがとう。」と母親は言いました。「ずいぶん気分がよくなったよ。もう眠れますよ。」
すると少女の手からひしゃくがなくなっていました。ふたりが見まわすと,床の上に7つのダイヤモンドが見えました。
そのダイヤモンドはすうっと窓から外へ出て,空のほうへ上へ上へと上がっていきました。空でダイヤモンドは7つの明るい星に変わりました。
わたしたちは今でもこの星,北斗七星 ( 大ひしゃく ) を空に見ることができます。

See also