The Carpenter's Gift

New Horizon Book 2 (Heisei 28) pg. 50-53

Mary lived in the country. Ben, her neighbor, was a good friend. One day, they found a cow.

Ben: Hey, that's my cow.
Mary: No, that's my cow.
Ben: What? Why do you think so?
Mary: It has the same short legs as my other cows.
Ben: No, Mary. It has the same long, black tail as my other cows. It's mine.
Mary: What are you saying? It's my cow!

(After this little fight, Ben took the cow.)


A week passed. Someone knocked at Mary's door.

Mary: Hello. Who are you?
Pat: Hello. I'm a travelling carpenter. Please call me Pat. I'm looking for work. Do you have any work for me?
Mary: Yes, Pat. Look at that small stream over there.
Ben, my bad neighbor, made it last week.
Pat: Oh, you sound so angry.
Mary: Can you make a big fence along the stream?
I don't want to see his face.
Pat: OK. No problem.


Pat worked hard and fast. At sunset, he finished his work. Mary came to see it. She was very surprised.

Mary: What's this?
Pat: Well, I built a bridge over the stream.
Mary: Why did you do that?
Take down this bridge right now.

(Then the door of Ben's house opened, and Ben came out of his house.)

Ben: Wait! Don't take it down!


Ben ran across the bridge and came to talk to Mary.

Ben: I'm sorry about the cow, Mary. Please take it back, and be my friend again. I don't want to lose your friendship.
Mary: Oh, Ben. I don't want to lose yours, either.
Pat: Well, the bridge worked!
You both look very happy.
Mary: Thank you, Pat.
You built a "bridge" between us.
Ben: Yes. Please stay here, Pat. We have a lot of work for you.
Pat: Thank you, but I can't.
I have many other bridges to build.

(He left with a smile.)

Official translation

Taken from the New Horizon's teachers manual.

大工の贈り物
メアリーは田舎に暮らしていました。彼女の隣人のベンはよい友人でした。ある日,2人は1頭のウシを見つけました。

ベン: おや,あれはぼくのウシだ。
メアリー: いいえ,あれはわたしのウシよ。
ベン: 何だって? なぜそう思うんだい?
メアリー: あのウシはわたしのほかのウシたちと同じように足が短いわ。
ベン: いやいや,メアリー。あのウシにはぼくのほかのウシたちのような長くて黒いしっぽがあるじゃないか。あのウシはぼくのものだ。
メアリー: 何を言っているの? わたしのウシよ!

(このささいな口げんかのあと,ベンはウシを連れて行ってしまいました。)


1週間が過ぎました。だれかがメアリーの家のドアをノックしました。

メアリー: こんにちは。どなたですか。
パット: こんにちは。わたしは旅する大工です。パットと呼んでください。仕事をさがしているのです。何かわたしにできることはありますか。
メアリー: そうね,パット。あそこの小川を見てちょうだい。ひどい隣人のベンが,先週あれを作ってしまったのよ。
パット: おやおや,だいぶお怒りのようですね。
メアリー: あの小川にそって大きな垣根を作ってもらえるかしら? あの人の顔を見たくないのよ。
パット: 了解しました。いいですよ。


パットは熱心にそして迅速に働きました。日の入りのころ,彼は仕事を終えました。メアリーが様子を見に来ました。彼女はとても驚きました。

メアリー: これは何なの?
パット: ええと,小川に橋をかけたんです。
メアリー: なぜそんなことをしたの?
今すぐこの橋を取り壊してちょうだい!

(するとベンの家のドアが開き,ベンが家から出てきました。)

ベン: 待ってくれ! 取り壊さないでくれ!


ベンは走って橋を渡り,メアリーと話をしにやって来ました。

ベン: メアリー,ウシのことは申し訳なかった。どうかウシを連れてかえって,またぼくの友人になってくれないだろうか。君との友情を失いたくないんだ。
メアリー: ああ,ベン。わたしもあなたとの友情を失いたくないわ。
パット: やれやれ,橋が役に立ちましたね!
2人ともとても幸せそうです。
メアリー: ありがとう,パット。
あなたはわたしたちの仲を「橋」でつないでくれたのね。
ベン: そうだとも。パット,ここにいてくれないかい。ぼくたちはあなたにお願いしたい仕事がたくさんあるんだ。
パット: ありがとう,でも無理なんです。
わたしには作らなくてはいけない橋がほかにたくさんあるのです。

(彼はにっこり笑って去っていきました。)

See also