The Emerald Lizard

New Horizon Book 2 (Heisei 14) pg. 32-35

Long ago a priest lived in Guatemala. He gave everything to poor people. So he was also very poor.
One day he met a man on the street. The man was crying.
"Why are you crying, my friend?" the priest asked.
"My wife is sick and my children are hungry. But I have no money. What can I do?" the man said.

The priest wanted to help the man, but he was poor, too. He prayed, "Oh God, please help me."
Then he saw something at his feet. It was a bright green lizard. He caught it and put it in the man's hands.
The man was surprised. The lizard turned hard and heavy. It was now an emerald lizard.
"Go and sell it," the priest said.

The man took it to a store and got a lot of money. He bought medicine for his wife and food for his children. Then they were all happy.
They worked hard for many years and made a fortune. But they lived a simple life and shared their fortune with poor people.
One day the man remembered the priest. He bought the emerald back from the store and went to find him.

"Do you remember me?" asked the man. "You gave me this emerald."
"Oh, yes. How is your wife? How are your children?" the priest said.
"They're fine. And I'm here to give this back to you. For many years you worked hard for poor people. Please sell this and get some rest."
The man put the emerald in the priest's hands. The priest smiled and gently put it on the ground. Then it turned back into a green lizard and ran away.

Official translation

Taken from the New Horizon's teachers manual.

エメラルドのトカゲ
昔々,グアテマラに1人の神父さんが住んでいました。彼はすべてを貧しい人々に与えていました。ですから自分もとても貧乏でした。
ある日彼は道で1人の男に会いました。その人は泣いていました。
「友よ,なぜ泣いているのですか。」と神父さんはたずねました。
「わたしの妻は病気で,子どもたちはお腹をすかせているのです。でもわたしにはお金がありません。どうしたらいいでしょう。」とその人は言いました。

神父さんはその男を助けたいと思いましたが,彼自身も貧乏でした。彼は祈りました。「神様,どうかわたしに手を貸してください。」
すると,彼の足下に何かが見えました。それは鮮やかな緑色のトカゲでした。
彼はそれを捕まえて,男の手の中に置きました。
男はびっくりしました。トカゲはかたく,重くなったのです。それはエメラルド製のトカゲになっていました。
「それを持っていって売りなさい。」と神父さんは言いました。

男はそれを店に持っていって,大金を得ました。妻には薬を買い,子どもたちには食べ物を買いました。するとみんな幸せになりました。
みんな何年もよく働き,ひと財産をきずきました。でも,彼らは質素な生活をしていて,貧しい人々に財産を分け与えました。
ある日,男は神父さんのことを思い出しました。彼はあのエメラルドを店から買い戻して,神父さんを見つけに行きました。

「わたしを覚えていますか。」と男はたずねました。「このエメラルドはあなたがくれたものです。」
「ああ,覚えていますよ。奥さんはどうですか。そしてお子さんたちは?」と神父さんは言いました。
「みんな元気です。そこでわたしは,これをあなたにお返しするために参りました。何年もあなたは貧しい人々のためにけんめいに働かれました。どうかこれを売って,ご休息ください。」
男は例のエメラルドを神父さんの手に置きました。神父さんはほほえんで,やさしくそれを地面に置きました。すると,エメラルドは緑のトカゲに戻って,走り去りました。

See also