The Spider's Thread

New Horizon Book 3 (Shōwa 62) pg. 70-74

One fine morning in Paradise, Buddha was taking a walk alone around the Lotus Pond. The white lotus flowers filled the air with a sweet fragrance. Buddha stopped and looked down below through the lotus leaves. The floor of Hell was right below the Lotus Pond, and he could see the Sanzu-no-Kawa and Hari-no-Yama. There he saw a man who was having a hard time along with the other sinners. The man's name was Kandata. He was a bad man. He killed many people in his life. But he did one good thing.

One day, when Kandata was walking through a forest, he saw a spider. He was going to crush it with his foot. But he thought, "No, no. Although it's a very small spider, it has life, too. I can't kill it."
Buddha remembered this good deed and thought, "I'll give Kandata a chance to escape from Hell." Buddha saw a spider which was spinning a beautiful thread on the green lotus leaves. Buddha carefully took the spider's thread in his hand, and through an opening among the lotus leaves he let it down into Hell.

Kandata was rising and sinking with the other sinners in the Pond of Blood on the floor of Hell. When he looked up at the dark sky, he saw something white. It was a spider's thread coming down to him. Kandata was delighted and said, "If I hold on to this thread and climb up, I can escape from Hell. Maybe I can go up to Paradise. Then I won't have to climb Hari-no-Yama. I won't have to sink in the Pond of Blood."
He held the thread tightly in his hands and began to climb up and up. Because he was a skillful robber, he was very good at this kind of thing.

Kandata tried very hard to reach Paradise, but Paradise was millions of miles away from Hell. It was difficult for him to continue climbing up. He took a rest and looked down below. He saw the Pond of Blood and Hari-no-Yama far below. He laughed and said, "I've done it! I've escaped from Hell."
Suddenly he noticed that down below him a great number of sinners were climbing up after him. "I must do something quickly. The thread will break," thought Kandata.

In the meantime hundreds and thousands of sinners were climbing up the slender thread. Kandata cried out, "Hey, you sinners! This spider's thread is mine. Who told you to climb up? Get down! Get down!"
Just then, the spider's thread suddenly broke, and Kandata fell down headlong to the dark floor of Hell.
Buddha was watching all this. When Kandata sank like a stone into the Pond of Blood, Buddha began to walk away with a sad look on his face.
The lotus flowers were as beautiful as before. In Paradise it was almost noon.

Official translation

Taken from the New Horizon's teachers manual.

蜘蛛の糸
極楽のある晴れた朝,おしゃかさまはハスの池のまわりをひとりで散歩しておられました。白いハスの花は,甘い香りを空中に漂わせておりました。おしゃかさまは歩みを止めて,ハスの葉の間から下をおのぞきになりました。地獄の底はちょうどこのハスの池の真下にありました。そして,おしゃかさまは三途の川と針の山をご覧になることができました。そこに,ほかの罪人たちといっしょにつらい目にあっている1人の男が目につきました。その男の名は犍陀多といいました。悪い男でした。生きているときは,大勢の人を殺したのです。しかし,たった1つだけよいことをしました。

ある日,犍陀多は森の中を歩いているとき,1ぴきの蜘蛛を見ました。彼はそれを足でつぶそうとしました。でも,「いやいや,ちっぽけな蜘蛛でも命はあるんだ。殺すことはできん。」と彼は考えました。
おしゃかさまはこのよい行いを覚えていらっしゃって,「犍陀多に地獄から逃げ出す機会を与えてやりましょう。」とお考えになりました。おしゃかさまは青いハスの葉に美しい糸を紡いでいる1ぴきの蜘蛛をご覧になりました。その蜘蛛の糸をていねいに手にお取りになり,ハスの葉の間のすき間からそれを地獄へとおろされました。

犍陀多は地獄の底の血の池で,ほかの罪人たちといっしょに浮かんだり沈んだりしていました。彼が暗い空を見上げると,何か白いものが見えました。それは彼のほうにおりてくる蜘蛛の糸でした。犍陀多は喜んで言いました,「この糸にしがみついてのぼっていけば,地獄から逃げ出せるぞ。極楽へ行けるかもわからん。そうすりゃもう針の山にのぼらなくても済むし,血の池に沈まなくて済むぞ。」
彼は両手に糸をしっかりとつかんで,上へ上へとのぼりはじめました。彼は腕のいい泥棒でしたから,こういったことはとても上手だったのです。

犍陀多は極楽に達しようとけんめいに努力しました。しかし,極楽は地獄から何百万マイルもはなれたところにありました。のぼり続けることは彼にはとても難しいことでした。ちょっと休んで下のほうを見ました。はるか下に血の池と針の山が見えました。彼は笑って言いました,「やったぞ。地獄から逃げられたぞ。」
突然,下のほうに大勢の罪人たちが彼のあとを追ってのぼってくるのに彼は気づきました。「急いで何とかしなければ。糸が切れてしまう。」と犍陀多は思いました。

その間にも何百,何千という罪人たちが細い糸をのぼってきていました。犍陀多はどなりました。「おい,罪人どもよ。この蜘蛛の糸はおれのものだぞ。だれがのぼってこいと言った。おりろ。」
するとそのとき,蜘蛛の糸は突然切れて,犍陀多はまっさかさまに暗い地獄の底まで落ちていきました。
おしゃかさまは一部始終をご覧になっていました。犍陀多が石のように血の池に沈んでしまうと,おしゃかさまは悲しい様子をされて歩きはじめられました。
ハスの花は相変わらず美しく咲いておりました。極楽はもう間もなくお昼でした。

See also