Try to Be the Only One

Aragaki Tsutomu (新垣 勉)

New Horizon Book 2 (Heisei 18) pg. 68-71

"Why did my grandmother die? I want to die, too" cried a boy of fourteen. "I hate my father and mother." The sun was bright in a blue sky. But the boy could not see it, because he was blind.
The boy was born in 1952. His father was Mexican-American and his mother was Japanese. Both of them left home when he was a baby. So his grandmother took care of him.

The boy's name was Aragaki Tsutomu. He liked music very much. One day he heard some hymns on the radio. He was interested in them. He wanted to hear some other hymns, and so he went to a church.
At the church, he met the minister. Tsutomu told him about his life. The minister listened to him quietly. When Tsutomu stopped talking, he found that the minister was crying. "Oh, he understands me," Tsutomu thought.

The minister said, "Tsutomu, do you want to come and stay with us? My wife and children will be happy." Tsutomu said, "Yes." Tsutomu started a new life as a member of the minister's warm family.
Tsutomu wanted to be a minister, too. So he went to college and studied very hard. He also learned singing and he sang in church.
His hatred of his parents began to fade. He decided to help other people in need.

Tsutomu's Italian voice trainer once said to him, "Your voice is a gift from God, and also from your father. You're the only one in the world with a voice like that."
Tsutomu is now proud of his singing. His motto is, "Try to be the only one, not just number one."
If you hear his song Sugarcane Fields, you can feel the brightness and sadness of Okinawa through his beautiful voice.

Official translation

Taken from the New Horizon's teachers manual.

「どうしておばあちゃんは死んでしまったんだ。ぼくだって死にたい。」と14歳の少年は泣きました。「お父さんやお母さんが憎い。」太陽は青い空に輝いていました。でもその少年はそれを見ることができませんでした。なぜなら少年は目が不自由だったからです。
少年は1952年に生まれました。父親はメキシコ系アメリカ人で、母親は日本人でした。彼が赤ん坊のとき、2人とも彼のもとを去ってしまいました。祖親が彼の面倒をみてくれたのです。

少年の名前は新垣勉です。彼は音楽が大好きでした。ある日ラジオで賛美歌を聞きました。勉は興味を覚えました。もっと別な賛美歌を聞きたくて、ある教会へ行きました。
教会でそこの牧師さんに会いました。勉は自分の人生のことを話しました。牧師さんは黙って聞いてくれました。勉は話し終わったとき、牧師さんが泣いているのを知りました。「ああ、この人はぼくのことをわかってくれるんだ。」と勉は思いました。

牧師さんは言いました。「勉さん、家へ来ていっしょに暮さないか。妻も子どもたちも喜ぶから。」勉は「はい。」と答えました。その牧師さんのあたたかい家族の一員として、勉は新しい生活を始めました。
勉は自分も牧師になろうと思いました。それで大学へ行き、いっしょうけんめいに勉強しました。また歌うことも勉強して教会で歌いました。
両親への憎しみは消え始めていました。勉は困っている人たちを助けようと心に決まりました。

勉のイタリア人のボイス・トレーナーはあるとき言いました。「あなたの声は神様からの贈りものです、そして、あなたのお父様からの。そのような声の持ち主はあなただけですよ。」
今、勉は自分の歌唱に誇りをもっています。「ただ1番というのではなく、特別な1人になれ。」というのが彼の座右の銘です。
彼の「さとうきび畑」の歌を聞くと、あなたはその美しい声を通して、沖縄の明るさと悲しみを感じることができるでしょう。

See also