Pete and the Orange Men

New Horizon English Course 2 (Heisei 9) pg. 34-37

No one saw the big spaceship over the Browns' house. No one saw the little orange men. Only Pete saw them.
It was a hot and quiet night. Pete sat in the yard with the family cat. He was listening to the sounds of the night.
Then he saw it. A light in the sky. It was like a very big star. It was coming toward him. He closed his eyes.

When Pete opened his eyes, he saw a big, strange ship in front of him. Then little orange men came out! Six little orange men with six big bags.
Pete was really scared. He could not run into the house because he could not move. He could not call his family because he could not speak.
The orange men put their bags on the ground and spoke to Pete.

"Hello!" said one orange man. "We brought some nice gifts from our planet to your planet. Please take them."
Pete saw some bright things in the bags. His mouth opened, but no sound came out. The six orange men were a little sad.
"You don't talk with us. You don't take our gifts," said the orange man.
"Let's take them to another planet," said another. "Let's find a friendly planet."

The six little orange men walked back to the ship. Then the ship went up into the sky and disappeared.
Suddenly Pete could move again. He ran to his house and woke his family and neighbors. They all came out.
"What's the matter, Pete?" asked his family.
"What's the matter, Pete?" asked the neighbors.
"What's the matter, Pete?" everyone asked.
But Pete just stood there with his tail between his legs. Then he barked, and barked, and barked.

Translation

The following is an unofficial translation.

誰もブラウンさん家の向こうにある大きな宇宙船を見なかった。誰も小さなオレンジマンに会わなかった。ピートだけが彼らに会った。
それは暑く静かな夜のことだった。ピートは庭にネコと一緒に座っていた。彼は夜の音を聞いていた。
その時彼はそれを見た。空の中の一つの光。とても大きな星のようだった。それは、彼の方に向かってきた。彼は目を閉じた。


ピートは目を開けたとき、彼の目の前の大きな奇妙な船を見た。そして、小さな オレンジマンが船の中から出てきた!6個の荷物とともに6人のオレンジマンが。
ピートは本当に怖がった。彼は家の中にかけ込むことができなかった。なぜなら、動くことができなかったからだ。彼は家族を呼ぶことができなかった。なぜなら、話すことができなかったからだ。
オレンジマンはバックを地面に置くとピートに話をした。


「こんにちは」オレンジマンは言いました。「私たちは,私たちの惑星からあなたの惑星にすてきな贈り物を持ってきました。どうか受け取ってください」
ピートはバックの中からいくつかの輝くものを見た。彼の口は開いていたが、何も声が出てこなかった。 6人のオレンジマンは少し悲しくなった。
「あなたは私たちと話さないね。あなたは私たちのギフトを受け取らないんだ。」オレンジマンは言った。
「贈り物は他の惑星に持って行こう。」ともう1人のオレンジマンが言った。「友好的な惑星を見つけよう。」


6人の小さなオレンジマンは船に戻った。そして船は空の方へ昇っていき、見えなくなった。
突然、ピートは再び動くことができなった。彼は家の中にかけこみ、家族や隣人を起こした。彼らはみんな部屋からでてきた。
「どうしたの、ピート」ピートの家族は聞いた。
「どうしたの、ピート」隣人は聞いた。
「どうしたの、ピート」みんな聞いた。
しかし、ピートは足の間にしっぽをつけたまま、ただそこに立っているだけだった。
そして、彼は吠えて、吠えて吠えたのだった。

See also