Tom Sawyer Paints the Fence

Everyday English New Course 2 (Heisei 2) pg. 94-98

Tom certainly caused a lot of trouble. Sometimes he took jam or sugar or an apple from the kitchen and then lied about it. He hated school. But more than anything he hated to work.
Aunt Polly didn't like to scold Tom. But sometimes she had to.
One Friday, Tom didn't go to school. He went swimming in the river, and Aunt Polly found out. That night she said, "Tom, you have to work tomorrow."

Tom appeared with a brush and a can of paint. He looked at the long, long, long fence and sighed. "Why do I have to work on such a beautiful day? What will the other boys say when they see me?"
Ben came along. He was eating an apple.
"Hi, Tom! Let's go swimming."
Tom made no answer.
"What's the matter, Tom? Do you have to work? Ha, ha, ha! That's too bad."

Then Tom had a great idea. He said, "Work? What do you mean?"
"You have to paint the fence. That's work, isn't it?"
"Well, I don't know, Ben. It's interesting."
"You must be joking. You don't really enjoy it, do you?"
"Of course I do. How often do you get a chance to paint a fence?"
This was a new idea, and Ben began to see things differently.

"Say, Tom. Can I paint a little? It looks like fun."
"Well... no, Ben. You're a good friend, and I want to say yes. But Aunt Polly! This fence is very important to her, and it has to look just right when it's finished."
"I'll be careful!"
"No, Ben. I can do it better than you."
"No, you can't! Please, Tom. I'll give you half my apple!"
"But if you make a mistake ―"
"I'll be careful. You can have all my apple, Tom!"
Ben took the brush, and Tom took the apple.

Tom began to eat the apple with a smile in his heart ― but not, of course, on his face.
Many other boys came by that morning. Each one paid Tom something for a chance to paint. One boy gave him a kite. Another paid with a dead mouse. Tom also got an old knife and many other wonderful objects. By noon there was no more paint. The fence looked beautiful, and Tom was rich.
When she saw the fence, Aunt Polly was very surprised. She gave Tom the best apple in the kitchen.
"Life isn't so bad after all," he thought.

Translation

The following is an unofficial translation.

トム・ソーヤのペンキ塗り
トムは確かにたくさんの問題を起こしました。時々彼は台所からジャムや砂糖、りんごを取っていき、嘘をつきました。彼は学校が大嫌いでした。しかし何よりも働くことが大嫌いでした。
ポーリーおばさんはトムを叱るのが好きではありませんでした。しかし時々叱らなければなりませんでした。
ある金曜日、トムは学校に行きませんでした。彼は川に泳ぎに行き、ポーリーおばさんに見つかってしまいました。その夜、彼女は言いました。「トム、あなたは明日働かなければなりません。」

トムはブラシとペンキを1缶もって現れました。彼は長い、長い、長い塀を見てため息をつきました。「なんでこんな天気のいい日に働かなきゃならないんだ。他のやつらが見たら何て言うか。」
ベンがやって来ました。彼はりんごを食べていました。
「よう、トム!泳ぎに行こうぜ。」
トムは答えませんでした。
「どうしたんだい、トム?働かなきゃならないのかい?ははは!気の毒に。」

その時、トムはすばらしい考えを思いつきました。彼は言いました。「働くだって?何を言ってるんだい?」
「その塀を塗らなきゃならないんだろ。それって仕事だよな?」
「う~ん、分からないよ、ベン。おもしろいんだよ。」
「冗談だよな。本当は楽しくないだろ?」
「いいや、楽しいよ。どのくらい塀を塗る機会があると思うんだい?」
この考えは新しく、ベンは違った見方をし始めました。

「なあ、トム。ちょっと塗っていいかい?おもしろそうなんだけど。」
「う~ん…だめだよ、ベン。お前はいい友達だし、いいよって言いたいんだけど。でも、ポーリーおばさんが!この塀はおばさんにとってすごく大切なんだ。だから塗り終わった時にきちんときれいに見えないとだめなんだ。」
「気をつけるよ。」
「だめだよ、ベン。僕の方が上手にできるよ。」
「いいや、できないよ!お願いだよ、トム。りんご、半分あげるからさ。」
「でも、もし失敗したらー」
「気をつけるよ。俺のりんご、全部食べていいからさ、トム!」
ベンはブラシを取り、トムはりんごを手に入れました。

トムは心の中で微笑んでりんごを食べ始めましたーもちろん顔には出さずに。
たくさんの少年たちがその朝やって来ました。それぞれがペンキを塗るお返しとしてトムに何かをあげました。ある少年は彼に凧(たこ)をあげました。他の少年は死んだねずみでお返ししました。トムはナイフや他のたくさんの素晴らしいものも手に入れました。お昼までには、もうペンキはなくなってしまいました。塀はきれいになり、トムは豊かになりました。
塀を見た時、ポーリーおばさんはとても驚きました。彼女は台所の一番いいりんごをトムにあげました。
「やっぱり人生そんなに悪くないね。」とトムは思いました。

See also